永久脱毛の種類と方法

レーザーによる永久脱毛の原理についての解説

投稿日:


脱毛には、一時的な脱毛と永久脱毛の二種類があります。
永久脱毛の原理は、毛根を破壊することにより、その破壊された場所から再度毛が生えてこないようにするものであると解説出来ます。
毛根とは、皮膚の中にある毛組織全体のことです。
ここを破壊することは即ち、毛が生える仕組みそのものを破壊することになります。
毛根は黒色の組織体であり、ここに黒色にのみ反応するレーザーを照射することで破壊が完了します。
永久脱毛にはこのレーザーの照射を期間を開けて数回繰り返す必要があります。
これは永久脱毛は成長期の毛に対して処置をしないとその効果がなく、毛には毛周期と呼ばれるサイクルがあり、このうち、退行期や休止期にあるものでは処置ができないからなのです。
なお、医療レーザー脱毛は1996年に開発された技術ですので、完全なデータはなく、20年、30年に渡って確実に毛が生えてこないことを保証するものではありません。
しかしながら、理論的には黒色メラニンを持つ毛根へのレーザー照射を行えばその部分の毛は二度と生えてこなくなり、事実、現在に至るまでのデータはこれを裏付けるものとなっています。

-永久脱毛の種類と方法
-, , , ,

Copyright© VIO脱毛sp|期間・回数は?費用が安いアリシアクリニックの評判 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.