知っておこう!基礎知識

永久脱毛の歴史 ~昔から現代まで~

投稿日:


今では美容法の1つとして当たり前に行われている永久脱毛ですが、その歴史について知る人は多くないと思います。
ここでは永久脱毛の歴史についてお話したいと思います。
始まりは1875年に電気分解法という発毛組織に直接電流を流して、組織液を分解しその時に出来る水酸化ナトリウムが毛包組織を破壊し脱毛出来るという方法です。最初は脱毛の為でなく、逆さまつげの治療の為に開発されたようです。20世紀前半には電気脱毛士という職業まで出来る程普及していました。
1900年頃からX線脱毛が始まりました。ですが、シミ・シワ・傷などができたり、脱毛後10年以上経って皮膚ガンになる事例もあり1960年頃には行われなくなりました。
1924年には高周波脱毛法という高周波電流を流して、発毛組織を凝固させ永久脱毛を行う方法が考案されました。1940年には高周波脱毛機に真空管が使用され、性能が向上し普及しました。
1948年にはブレンド脱毛法という電気分解法と高周波脱毛法の長所を組み合わせた方法が行われるようになりました。毛包にプローブやニードルと呼ばれる針を直接挿入し微量の電流を流す事で、毛を作る組織を破壊する方法で日本では1970年代に普及しました。
1983年にレーザー脱毛という黒や茶色に反応するレーザー光を照射し、毛母や毛乳頭を破壊し脱毛する方法が始まり、1998年には今行われている光脱毛が行われるようになりました。

-知っておこう!基礎知識
-, , , ,

Copyright© VIO脱毛sp|期間・回数は?費用が安いアリシアクリニックの評判 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.